こんにちは!清水運輸グループ営業部です!
あじさいの花が少しずつ色づき始め、梅雨の気配を感じる時期となりましたね。
今回は下記のコンテンツをお送り致します。
 

  1. ヨーロピアンカップの信頼できるベッティングプラットフォーム
  2. 人材不足のお悩み解消致します!
  3. 梅雨シーズン 雨天時運転の心得

 

1.デバン作業可能な埼玉県倉庫のご案内

 

 

埼玉県に1000坪の倉庫を2か所保有!新規荷主募集中!

富士見倉庫  900 坪
ふじみ野倉庫 1,057 坪

※期間は別途ご相談ください。
 

関越道「所沢IC」・ 外環道「和光北IC」から近くにあり、
大型車・トレーラー・40フィートコンテナも楽々進入可です。
常時作業員がおり、荷役作業・デバン作業も行う事が出来ます。
 
また、弊社では250両の車両(中型・大型ウィング・
冷凍チルド車など)も用意しており、
お客様のニーズに的確に対応できる体制を整えております。
 
入・出荷、仕分け、梱包~配送運送までの物流業務を一気通貫で
請け負う事も出来ますので、お気軽にご相談ください。

 
▼▼清水運輸グループの倉庫について▼▼
/service/service-type02

▼▼カンタン見積依頼はこちら▼▼
https://forms.gle/bAKHhHVSYV3gsAE37 
 
担当:小林・原田 電話:048-485-6622
 
 

2.人材不足のお悩み解消致します!

貴社では人材についてのお悩みはございませんでしょうか?
弊社では物流業に特化したフォークリフト作業員や
ピッキング作業員、製造工場などを中心に人材派遣を行っております。
 
貴社の人材課題を一緒に解決できるよう、良きパートナーの一員として
2024 ヨーロピアンカップのリアルタイムベッティング Web サイトぜひ弊社にもお手伝いをさせて下さい!
 
もちろん、輸配送や倉庫、その他の職種への派遣の
ご依頼も承っておりますのでまずはお気軽にご連絡を
お待ち申し上げております。
 
担当:原田・堀越 電話:048-485-6622


 

3.梅雨シーズン 雨天時運転の心得

 
もうすぐ梅雨シーズンですね!雨の日ほど車での移動が増えますが、普段以上に注意して運転しないと大きな事故に繋がる可能性が高くなります。ヨーロピアンカップの信頼できるベッティングプラットフォーム特に豪雨時は視界が極端に悪化するうえに、道路冠水などの特有の危険が生じます。今回は、事故を回避するための対策も紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

■運転前のチェックポイント
快適に運転するためには「視界を良好に保つ」ことが大切です。フロントガラスの油脂を除去してコーティングを施しておくと、クリアな視界が確保できます。また、雨天時は窓ガラスの室内側が曇りやすくなるので、曇ってしまった場合は窓を少しだけ開けて外気を取り入れるか、024 ヨーロピアンカップ オンラインベッティング ウェブサイトエアコンをつけて室内外の温度差を無くすようにすると良いそうです。

 
■運転中に気を付けておくべきポイント
  
〇スピード遅め・ブレーキ早め
雨によってブレーキが効きにくくなっているので、ゆっくり走行して、ブレーキを早めにかけましょう。後続車両の制動距離も延びているため、急ブレーキをかけると追突される恐れがあります。早めにブレーキをかければ、自車が減速していることをブレーキランプで後続車両に教えることができ、追突を防げることが出来ます。

 
〇こまめな後方確認
2024 ヨーロピアンカップのリアルタイムベッティング Web サイト自分が注意していても、後方の車に追突されてしまうケースもあります。サイドミラーやバックミラーで、周囲の交通状況をこまめに確認してくと安心です。もし後方の車が接近してくるような場合は、適切な場所で道をゆずると落ち着いて運転ができます。
 
〇しぶきを浴びても慌てない
大雨の日は、水しぶきが頻繁に発生します。あまり整備されていない路地や山道などは、水たまりができやすいです。前方や周囲の車の動きにも気を配って、ヨーロピアンカップの信頼できるベッティングプラットフォーム水しぶきを浴びても慌てないように心構えしておきましょう。
 
〇雨が激しくなったら運転を中断する
ワイパーを最速にしてもフロントガラスの雨滴が拭い切れないほど雨が激しくなってきたときは、収まるまで運転を一時中断する事も大切です。待機のために道路の左端に寄って駐車すると、視界の悪さから後続車に追突される危険がありますので、必ず駐車場などの安全な場所に駐車するようにしましょう。
 
2024 ヨーロピアンカップのリアルタイムベッティング Web サイト梅雨、そして、これからの台風シーズン、しっかりと心構え・準備をして、安全運転で乗り越えて行きましょう!

  

運送・倉庫に関するお問い合わせはこちら

▼▼こちらより簡単に見積依頼ができます!▼▼